agaセルフチェック!9個の診断項目で、薄毛度合いがわかる!何個以上チェックがついたらやばい??!

401130

これから挙げていく九つのagaの診断項目にいくつ当てはまるかによってセルフチェックができます。
1つめは、髪の毛にハリが失われ、細い毛が多くなってきているかどうかです。
2つめは、普段の生活でストレスが多くかかっているかどうかです。
3つめは、普段の姿勢が猫背であるかどうかです。
4つめは、野菜をあまり食べない食生活を送っているかどうかです。
5つめは、煙草を普段から吸う習慣があるかどうかです。
6つめは、睡眠時間が慢性的に不足しているかどうかです。
7つめは、洗浄力が強力なシャンプーを使用しているかどうかです。
8つめは、フケが多く発生するかどうかです。
9つめは、頭に痒みがあるかどうかです。
診断の結果、この中で四つ以上の項目が当てはまる人は早めにaga対策をする必要があります。
すでにaga発症しているか、予備軍になっている可能性があります。
その中でも、診断の結果、五つ以上の項目が当てはまる人は、agaを専門に治療しているクリニックなどの医療機関で、きちんとした診断を受ける必要があります。
クリニック探しの参考→ AGAは横浜の病院で|進行度合い別おすすめクリニック
診察の結果、お医者さんからaga治療薬を処方された場合は、その治療薬を服用することによって治療をしていくことになりますが、副作用がありますので、お医者さんからしっかり説明を受けて、お医者さんの指示に従って服用する必要があります。
診断の結果、二つから三つの項目が当てはまる場合でもagaの予備軍である可能性は否定できませんので、生活習慣を見直し、髪の毛にとって良い生活に改善をすることが重要になります。
agaを発症してしまった人の中には生活習慣を改善することによって髪の毛が生えてくるようになる場合もあります。
診断の結果、一つも当てはまる項目がなかったり、一つしか当てはまる効果がない場合は、今の時点ではagaの心配はないので、今のままの生活習慣が維持できるように気をつけると今後も安心して過ごすことができるようになります。